どくだみには動脈硬化の予防に役立つ

どくだみといえば、おばあちゃんの話を思い出します。

おばあちゃんの家の庭にはどくだみがあって、なにかとそのどくだみでいろいろな治療をしてもらったことを、もう四十にもなるのによく覚えています。
でもおばあちゃんの知恵っていうのは決して迷信だけではないことが多くあり、もちろん、このどくだみだって様々な効果があることを大人になった今ではわかっています。

どくだみは天ぷらなどで食べたりすることもありますが、このどくだみの葉を煎じて飲むことで、多くの効果が得られるそうです。
血行をよくする作用があるので、高血圧を予防し、動脈硬化や脳出血をよぼうすることができます。
血行が良くなることで、その他の良い影響もあり、肩こりやむくみなどを予防することもできます。

私たちの生活はとても便利になりましたが、その分塩分を取りすぎてしまったり、エアコンなどで血行が悪くなったりと体に大きなストレスを与えていることが多々あります。
どくだみはそんな現代社会で頑張る人たちにはぜひ飲んで、健康に役立ててほしいと思います。

カテゴリー: どくだみの健康効果   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります