アトピー軽減効果を持つどくだみの力

アトピー性皮膚炎は症状に個人差があり、効果的な治療法も人によって違うといいます。なかなか自分にあった治療法を見つけるのは難しいと言われるアトピーですが、アトピー軽減効果を持つどくだみの力には目を見張るものがあります。
アトピーに対してはどくだみを身体の中と外から使用すると相乗効果が得られます。

まず外からというのは、どくだみの煎じ汁を直接患部に塗ったり、お風呂に入る際に木綿の袋にどくだみを入れて一緒に入浴します。
そして、その木綿の袋に入ったどくだみで身体を洗うのです。
この時に石鹸やボディソープは使わないようにします。

そして、身体の中からというのは、一般的などくだみ茶の飲用です。
一般的などくだみ茶は飲みやすくする為にどくだみの配合されている割合が低くなっている事がよくあります。
どくだみの臭いが気にならないようなら、どくだみの煎じ汁を飲むと更に効果が期待出来るでしょう。
どちらの場合でも温かいものを飲むようにしましょう。

カテゴリー: どくだみの薬効効果   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります