レーザーによるほくろ除去がおすすめ

ほくろの除去をしたい場合、悪性の疑いがあるほくろであればメスによる手術での切除になりますが、良性のほくろの場合、特に顔のほくろを消したいのなら、レーザーがおすすめです。
100%ノーリスクというのは無理ですが、かなり高い確率でリスクは抑えられ、手術のあともほとんど残りません。
短時間で処置が終わるというのも魅力的ですし、費用も働いている人ならばほぼ問題のない額です(病院によって多少変動します)。

どのような器具を使うかでも変わってきますが、たいていの病院は炭酸ガスレーザーというのを使います。これでほくろのある部分を削りますが、その際肌にへこみができてしまいます。
どの程度レーザーを当てるかというのがその後の治療経過に関わるので、経験豊富でレーザーの知識もきちんとある医師を選ぶことが重要になります。

無理なく、へこみの目立たない程度の削り方を見極められる医師かどうか、事前に病院の評判などを調べましょう。レーザー治療の跡はしばらくテープで保護しますが、その上からなら洗顔や化粧もできます。

カテゴリー: ほくろ除去をする   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります