ほくろ除去すると傷跡が残る?

ほくろの除去にどんなに最新のレーザーを使っても、例えば治療の際に医師が無理な施術を行ったり、患者さんの方から無理に深く削り取ることを頼んだりしたら、当然皮膚に負担がかかり傷跡が深く残ってしまいます。

ほくろの原因はメラニン細胞ですが、これが皮膚の深いところまで達しているので、炭酸レーザーだけではすべてのメラニン細胞を削ることができず、再び出てきてしまうと言うことになります。
かといって、あまり深くレーザーで皮膚を削ってしまうと、消えない傷跡になってしまうのです。

メラニンだけを焼くレーザーというのもありますが、いずれにせよ一度の治療ですべて除去できない場合は、数回に分けてほくろを消していくという方法が最良でしょう。
もちろんお金はかかりますが、治療費をけちって無理なレーザー照射をし、深く削られた肌がへこんで元に戻らないと言うことになっては、元も子もありません。

痛みもなく短時間でできるレーザーのほくろ除去ですが、あくまでも医療行為であると言うことを念頭に置いて、医師とよく相談しましょう。

カテゴリー: ほくろ除去をする   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります